fc2ブログ
サトラレ対策とスピリチュアル

サトラレを治す方法 その26 オーラの大きさと、他人と繋がること

サトラレは考えが伝わってしまう。
なぜ伝わるか、考えてきましたが、まず最初に、他人と意識(オーラ、気_)が繋がってしまうということがあると思います。
自分の気やオーラが外向きで大きく、他人が近くにいると繋がっている感覚があります。

考えが漏れる前に、他人と意識の繋がりがあると思います。
それが繋がらなくなると、考えが伝わらないと思います。
どうすれば繋がらないか?それが問題です。
私の場合、他人と繋がると、頭の中で悪態をついてしまいます。
それに反応されて、悪口を言い返されます。
そのせいで日常生活が苦しいものとなっています。

最近、他人と繋がらない方法や、繋がっても悪態をつかない方法を見つけましたので、
ここに書きたいと思います。

まず、他人と数メートル離れている場合は、気功でいうところの小周転、大周転をします。
小周転は、自分の意識が丹田から背中に回っている感覚です。頭を伝わって前に行き、下に行きます。
意識が自分の中をくるくる回っている感覚。
私自身もまだあまりうまくいかないので、とりあえず背中の下から上にいく感覚を大切にしています。
大周転は、頭から真上の天に向かって気や意識が放出される感じです。そして何十キロ先を下に降りてくる感じです。

一人で部屋にいるときは小周転、大周転をやるといい感じです。
気が外に出ていて中に閉じ込めることができないときは大周転です。
それ以外の時は小周転。

1~2メートルの近距離で他人とすれ違う場合は、他人と気、オーラが混ざることを自分の中で認めます。
すれ違う瞬間だけ、他人のオーラと自分のオーラがぐにゃぐにゃと入り混じっているイメージをします。
混ざっていると、悪態をつかなくて済みますし、すれ違って離れていけば、もう混ざらないので。
自分に近しい人とも混ざることを自分に許可します。
これでかなり楽なります。
ただ、他人と混ざる感覚は、悪い気をもらう可能性があるので気を付けてください。

もう一つは、オーラ、気、意識が自分の皮膚に張り付いた感覚(イメージ)を持つことです。
私はあまり得意ではないのですが、すれ違うときだけと割り切ればぎりぎりできる感じでしょうか。

このようにしていれば、トラブルを少なくできそうです。
私のやり方なので、合う合わない方がいると思いますが、合わない方はご自分で研究されてはいかがでしょうか?

スポンサーサイト




サトラレを治す方法 その25 守るということ

最近気づいたことを書きます。
サトラレの皆さんは"守る"ということをどう認識していますでしょうか?
僕はゲームのRPGなんかの守るはまるで意味がないから
守るなんて価値がないと思っていました。
どちらかというと攻撃して守るということを繰り返していました。
攻撃は最大の防御なり、ですね。

テレパシーというか、サトラレ的にはこれはマズイのです。
人と繋がるたびに攻撃的な思考をしていれば生きにくくなります。
もちろん攻撃をされた方は反撃してくる人もいます。
サトラレではない人も、意識が繋がるだけで攻撃する人もいます。

攻撃ではなくて、純粋にひたすら防御してください。
心のなかで"守る、守る"といい聞かせてもいいと思います。
守るという声が聞こえた相手は、それ以上は攻撃してこないことが多いです。
守っている相手を追い打ちをかけて攻撃してくる人って普通はあまりいないでしょう。

最近、私は守るという言葉を心の中で連呼しています。
自分を取り囲んでいるオーラというか気も小さくなると思います。
オーラが他人と繋がらなければ、声がきかれることもないと思います。

みなさんも試してみてください。

サトラレを治す方法 その24 意識を内側にすることと、きれいに生きるということ

最近思うのが、意識を体の内側に置くということ。
野球のダルビッシュが意識を背骨に置いたら不調がなくなったと言っています。
健常者もいろいろと苦しんでいます。
サトラレだけでなく、意識が外に向かっていって、他人と繋がると、無意識の声の罵声を浴びるということだと思います。
他人と繋がらないという方法として、意識を体の内に向けることだと思います。
世の中は人と繋がることを良いこととしていますが、
サトラレの人は繋がらない練習をすべきだと思います。(繋がりすぎているので)

瞑想でも呼吸に意識を向けて、意識を体の内に向けます。
サトラレだけの苦しみではなくて、健常者も同じように他人と繋がって色々と言われているのだと思います。
ただそのことに自覚があるかどうかの違いではないかと。

他人と繋がると、自分が自分でなくなるということがあります。
自分が相手に影響を与えているということは、自分も影響を受けています。
周りの人(私の場合、自分を中心に数百メートル)も繋がりたくないのに繋がると死ね、みたいなことを言ってくる場合が
あると思います。
そうすると自分も死ね、というような思考になってしまいます。
みんなが幸せになるのは、意識を小さく、自分に向かっていることです。
体を動かすと、意識が体に向かうので、それもいいかもしれません。
ヨガやストレッチもいいですね!

自分の意識が大きいだけでなく、他の人が意識を向けてきて繋がってしまうことがあるかもしれません。
そういうときのために、できるだけいい人になること。
いい考えをもっていると、嫌なことを言われにくくなります。

結局は人間関係が基本です。

仏教のお経を読むのが理にかなっているなぁと思います。
若い人にとって、お経が聞こえてきたら、なんか嫌かもしれないですが^^;

きれいな歌詞を読むのがいいかもしれないですね。
心をきれいになるように気をつけてください。

サトラレだけの問題ではなく、すべての人が大なり小なり、サトラレ由来の悩みを持っているのかもしれません。
サトラレになってみて、禅の修行の意味がよく分かるようになりました。


サトラレを治す方法 その23 集中力

サトラレというか、テレパシーというのは、他人に(外に)意識がいってしまっていることだと思います。
そのときに、外への拡散意識になっていると思います。

自分の内側に意識が集中していると、サトラレにはならないと感じます。
でも、内側に意識を集中させるのって難しいかもしれないですねぇ。

しかし、学生のときは集中していたのではないでしょうか?
学校を卒業して、大人になって、あまり内にこもるタイプの集中をしなくなったということはありませんか?

そんなことに気づきました。
統失が大人になると多くなる原因の一つかなぁなんて勝手に思っています。

意識を集中して、本を読んでみましょう。
ひょっとすると集中力が戻ってきて、サトラレでない時間が増えるかもしれません。

あとは人差し指を目の前に立てて、集中!集中!と案じてみるといいかもしれません。
(眉間にシワをよせて)

サトラレを治す方法 その22 今、何メートルと心に聞く

漫画のハンターxハンターに円というものがありました。

まぁオーラの大きさみたいなものです。
それが大きすぎるためにサトラレになっていしまっていると思います。
オーラの大きさが声の届く範囲だと捉えています。

オーラの大きさを心に聞いてやるって、心が何メートルと答えてくれれば、
大きすぎると小さくなる場合があります。

心がどう捉えるかなので、人それぞれですが、やってみてください。

人によっては武道の間合いを極める!と考えると楽しくなってくるかもしれませんね^^

オーラが汚いと大きくなってしまうこともあります。
どっかの誰かに注目されてしまうからでしょうか。

怒ってもしかたがないので
オーラの大きさだけでなく、オーラをキレイにもしておきたいものです。